原因は1つとは限りません|膣の縮小でコンプレックス解消

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

病院を見極めるコツ

ウーマン

女性のコンプレックスの中でも、膣の緩みは特に多い悩みです。妊娠出産を経て緩くなる場合もあれば、加齢や肥満、姿勢の悪さなどで緩くなることもあるので、原因は1つとは限りません。膣の緩みを改善出来る方法は豊富にありますが、今すぐ手軽に始められる方法が膣トレーニングです。肛門や膣に力を入れたり緩めたりすることで骨盤底筋を鍛えていけば、徐々に衰えた筋肉が丈夫になっていきます。このトレーニング方法は最低でも3ヶ月続けると効果が現れてきますが、万が一効果が得られなかった場合は、美容クリニックでの縮小手術で改善した方が良いでしょう。膣の縮小手術では粘膜の切除や括約筋の縫合などがあるため、少なからず体に負担がかかってしまいます。そのため、技術力の高いクリニックを探して、なるべく負担がかからないような施術をしてもらいましょう。

膣の縮小手術を受けるクリニックを探す際、多くの人はウェブサイトを確認するはずです。そこでは、実際に行なっている施術内容や症例数、費用などが公開されています。実は、膣の縮小手術には縫合の他にヒアルロン酸や脂肪を注入するという方法があるため、すべてのクリニックが同じ内容の施術をしているとは限りません。確実に縮小を改善したいのなら、注入ではなく筋肉の縫合をしているクリニックを選ぶと良いでしょう。そして、症例数や実績だけではなく、患者の満足度などを公開している場合もあるので、しっかりと確認しましょう。さらに、縮小手術には保険が適用されないので費用が高額になってしまいます。そのため、事前に相場を調べておいて、良心的な価格設定をしているかもチェックするべきです。

ゆるみを改善させよう

悩むウーマン

女性の体は年齢とともに様々な変化が現れますが、膣がゆるくなってしまう女性も中にはいます。肥満や老化、姿勢の悪さなどでゆるくなってしまうのですが、縮小させる方法を試すことで改善できる可能性があります。

Read More

簡単なトレーニング

レディー

手軽に出来る膣の縮小方法として、骨盤底筋を鍛える筋トレがあります。産後の女性によく行なわれるトレーニングやトレーニング専用のグッズなどがあり、時間が空いた時に行なえます。

Read More