原因は1つとは限りません|膣の縮小でコンプレックス解消

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単なトレーニング

レディー

膣を縮小する一番の近道は、骨盤底筋を鍛えることです。膣がゆるむ最大の原因は膣周辺の筋肉のゆるみであるため、骨盤底筋のトレーニングをすればほとんどの場合問題が解決します。膣を縮小させるトレーニングの方法は非常に簡単で、元々は産後の女性に行なわれていました。まず、腹筋に力が入らないように意識して、肛門や膣、尿道だけに力を込めるようにします。息を吐きながら徐々に引き締めていき、その状態を3秒ほどキープさせます。この動きを10回から20回繰り返し、1セットとして数えます。1日に3セット以上続ければ自然と膣のゆるみも解消できるでしょう。しかし、膣を縮小させる個人トレーニングは骨盤底筋の位置をしっかり理解していないと効果が半減してしまうので、初めの内は専用のトレーニンググッズを使うと良いでしょう。

縮小トレーニングで使われる専用グッズの中でも特に人気の商品が、大小のボールがついているバーベルです。バーベルを膣の中にいれ、締めたり緩めたりといった動きを毎日5分間程行ないます。最初はうまく出来ないはずですが、継続していくと徐々に体が慣れてきます。そのため、5分では十分な効果が感じられないと思ったら、時間を伸ばしながらトレーニングを続けていきましょう。最低でも3ヶ月続けていけば、縮小効果を実感できるはずです。さらに、縮小トレーニングは美容クリニックでも行なっているのですが、導入されているトレーニング機器は個人向けのグッズ以上の効果が得られます。自動的に作り出された磁界によって骨盤底筋を振動させ、収縮を繰り返すことで筋肉の力を強めていくため、痛みはほとんどありません。