原因は1つとは限りません|膣の縮小でコンプレックス解消

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆるみを改善させよう

悩むウーマン

女性は思春期頃から生理が始まって、徐々に女性らしい体になっていきます。生理が始まると妊娠や出産をするための準備が始まったことになりますが、妊娠や出産をすると体に大きな変化が現れます。まず、妊娠中は体の中にいる胎児を支えるために膣周辺の筋肉を酷使するのですが、出産後は胎児を支える必要がなくなり、今まで使っていた筋肉が伸びきってしまいます。そうなると伸びた筋肉が元に戻らず、膣がゆるんでしまう原因となり、コンプレックスを抱えてしまいます。さらに、出産だけではなく加齢や肥満でも膣周りの筋肉が衰え、膣がゆるむ要因になります。他にも姿勢の悪さで筋肉が弱くなる場合がありますが、いずれにしても膣の緩みを解消したいのなら縮小させるための方法を実践するべきです。

ゆるんでしまった膣を縮小させるために、まずは筋トレをしましょう。筋トレと言っても腕立てやスクワットのようなトレーニングではなく、骨盤底筋を中心に鍛えるトレーニングです。座った状態や立った状態でできるので、体が弱い人でも安全に試すことができます。また、トレーニングでも縮小できなかった場合は女性専門のクリニックを受診して縮小手術を受けると良いでしょう。手術方法は至って簡単で、膣の入り口周辺を縫い合わせ、縮めていくというものです。手術が完了するまでにかかる時間は長くても1時間程で、手術中はほとんど痛みを感じず、術後の腫れなどもありません。また、最近ではヒアルロン酸や脂肪を注入することで縮小をする方法も行なわれているので、コンプレックスを解消したいのならすぐにクリニックに足を運びましょう。